2015年01月27日

ドクターシーラボ その1

ドクターシーラボは、他の化粧品メーカーとは少し毛並みが
違い、「メディカルコスメ」というコンセプトを
前面に打ち出し、

「肌トラブルに悩む全ての人々を救う」という経営理念を掲げ
消費者にアピールしています。

まさに自らを「 ドクター 」と称する様に、
皮膚の専門家による視点ならではのノウハウをベースに、
医学的・美容的見地から、製品の研究開発を行い、
消費者のニーズに応える製品戦略が特徴的です。

2009年に発売した
ブライトニング美容液「スーパーホワイト377」は、
抗酸化力を有するポリフェノールからヒントを得て開発された
「フェニルエチルレゾルシノール」を国内で初めて配合しています。

「フェニルエチルレゾルシノール」とは、
常緑針葉樹であるヨーロッパアカマツに含まれるピノシルビン
(ポリフェノール成分)を基に合成した新規美白成分で、

チロシナーゼ酵素活性阻害試験において既存美白成分より
高い効果を発揮するとされています。

ピノシルビンとはヨーロッパアカマツが、菌やバクテリア、
害虫から身を守るために有している成分です。

ヨーロッパアカマツはアロマ業界ではメジャーで、
香りには疲労回復・集中力アップ・気分高揚・咳止めなどの効果、

オイル自体には高い殺菌・消炎・還元効果があることが
古くから知られています。
アトピーの改善効果がある
エッセンシャルオイルとしてもよく用いられています。
posted by ドクターシーラボ at 14:41| ドクターシーラボ 口コミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。